いか焼き?

 ぶら輪ネタで、二上山南麓道を車でトレース。

 

 守山~旧城光寺橋左岸たもとまでのコース。
 小矢部から小矢部川左岸の山際を進む。
 まぁ、前回の続きみたいなモノ。。。
 高岡開街以前の古代~中世期は、越中の中心地は伏木・新湊だったので、古代北陸道と言っても過言では無い。

 室町期の仏像

 画像は二上まなび交流館@旧二上山青少年の家の登り口にあるコンクリート製のお堂。
 付近に在った仏像をここにまとめたのであろう。
 資料によると、室町期の物が多いとか。
 写ってはいないが、横に道標地蔵がある。
 元はここから200m位東に在ったという。
 右ふしき左やまみちと刻んである。
 今は道の存在は無いが、この時代には二上を超える山道があり、氷見・雨晴方面に抜けてたのだろう。

 で、いか焼。
 道標地蔵が在ったと思われる付近に、「関西風いか焼」なるお店があった。
 スーパーの軒先で移動販売してる、あのいか焼だろうか???

 じゅるり。。。^^
 暖かくなったらGO!だな。w
スポンサーサイト
23:59 : お出かけ:  トラックバック(-)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可