スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

高岡西・高岡一・高岡商の3高校 万葉線延伸、市に要望

 新聞ネタです。

 2013_0119○日本新聞
 高岡西、高岡第一、高岡商業の3高校は18日までに、路面電車・万葉線を、高岡市片原町交差点から高岡商業高校前まで北西に約2・1キロ延伸するよう、高岡市に要望した。夜間や積雪時の通学の安全を確保するため。沿線には国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)の山町筋や金屋町があり、3校は中心市街地活性化も期待できるとしている。金屋町の住民も近く同様の要望書を市に提出する。

 JR高岡駅の北西部には、3高校と、高岡第一学園の幼稚園教諭・保育士養成所があり、合わせて約2千人の生徒・学生が学ぶ。要望した延伸区間は、JRを利用する3校と養成所の生徒と学生の通学路に当たる。

 高校から駅までのバスの本数が少なく、いずれの高校でも帰宅時に歩いて駅に向かう生徒が多い。最も駅から遠く、女子生徒が全体の約7割に上る高岡商業高では、生徒が不審者に声を掛けられたケースもあった。積雪時は歩道が通行できなくなり、交通事故の危険も増す。

 2年後に開通する北陸新幹線の新駅設置に向け、市で公共交通の見直しが進んでいることから、高岡商業高の伊東与二校長が延伸の要望を近隣校に提案。いずれも延伸を強く希望しており、連名で要望書を作成した。今月16日、伊東校長、池田安人高岡西高校長、川原隆平高岡第一学園理事長が市に提出した。

 高岡鋳物発祥の地である金屋町は、2011年に国の「歴史都市」に認定された高岡市の観光の中核を担う地区。駐車場がないことが長年の課題で、これまでも延伸の要望を市に伝えてきた。前自治会長で、現在は相談役の加藤昌宏さん(62)は「JRで訪れた観光客に不便な思いをさせてきた。観光の強化にも、住民の暮らしにも、延伸は必要」と強調する。

 実現には、千保川に架かる鳳鳴橋の補強などに必要な事業費や、採算性が課題となる。高橋市長は「検討課題は多いが、実現の可能性を見極めていきたい」としている。



 是非とも実現して欲しいぞ。
 高町に飲みに行くのに使っちゃうよ。w
スポンサーサイト
23:59 : 日記:  トラックバック(-)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。