伏木往来と浜往来

 今日は伏木往来道行き。
 途中までは、放生津往来と同じ道。

 直進→新湊 左折→伏木
 直進→新湊 左折→伏木
 明治初期の地図には、国道と同じ太さの線が引かれてて、馬車通行◎的な表記があったとか。

 旧城光寺 小矢部川右岸
 集落を進むと小矢部川右岸にたどり着く。
 旧城光寺橋跡なんだけど、架橋以前は舟渡。

 旧城光寺 小矢部川左岸
 小矢部川左岸跡。
 ここから、高伏道路に進むが、当時の面影は無ッシング。

 八幡社
 東亞合成まえから八幡社。伏木で一ちゃん古い宮とか。
 高台にあり、裏側には小矢部川と庄川が合流した射水川が流れており、六渡寺への渡し@如意の渡しが在った。
 弁慶&義経も東北に逃れるために、ここから渡った。
 ここでの逸話が、勧進帳や安宅の話になったとか。。。

 伏木北前船資料館
 勝興寺前から、北前船資料館行き。入るのは初だわ。汗
 館長さん?に歴史じゃなく、道的な事を教えて貰う。w

 進むと、
 藤井能三邸址
 藤井能三邸址。伏木発展のため活躍。
 伏木往来、放生津往来が国道並みの馬車道にしたのは、この人。
 たぶんだが、小矢部川・庄川分離の罪滅ぼしじゃないかな。。。
 ここの交差点で伏木往来(逆道だと高岡往来ね)終了。
 真っ直ぐ進むと、氷見への浜尾往来。右折は六渡寺・放生津方面の浜尾往来。


 義経岩
 次いでなんで、浜往来トレース。^^
 義経岩から新港左岸まで。

 日枝神社
 海岸沿いを走るだけなんだけど、河川の付け替えや重化学工場建設等々で、当時の面影は薄い。
 まぁ、所々垣間見ることができるんで立ち寄って見る。
 画像は、日枝社。合掌造り風な鳥居が◎。三つしか無いという話を聞いた(見た)ような気がする。w

 庄川右岸の三ヶ新の道標
 三ヶ新の道標から浜往来を東へ。

 奈呉之浦 放生津八幡宮裏
 放生津八幡宮裏にある奈呉之浦碑。宮内には芭蕉句碑も在るんで、見る価値あり。

 富山新港左岸
 道なりに進んで、新港左岸着。ここから、四方、岩瀬に進んで北陸道と合流。

 まるなかや^^
 腹減ったんで、毎度の「まるなかや」。
 暑かったんで、るーび、串x3、卵、ラーメン油かす。w

 帰路は、放生津~大門の放生津往来で帰路。
 約50km。
スポンサーサイト
23:59 : 旧街道:  トラックバック(-)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可