スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

富山高岡往来

 新聞ネタ探しで、富山高岡往来へサイクリング行き。

 ルーロラボ

 スタート地点は高岡市の里程元票&高札場跡から。
 

 高岡市の里程元票
 場所はここ。大宝寺前。
 ここから小杉までは旧北陸街道と同じコースです。

 高岡大仏
 高岡大仏前。ここを左折して次の交差点を右折。

 小杉三ケの一里塚
 大門町を過ぎて、小杉町国道高架下に小杉三ケの一里塚がある。ここから先は小杉高校グランドで途切れている。

 小杉の古い郵便局
 町中に古い通便局あり。ここ。コースは県道204をなぞればおk。

 道標 右とやま 左いわせ
 小杉町手崎の道標。右とやま 左いわせと刻んである。左いわせは旧北陸街道。富山藩が今の場所に移る前は右とやま経由だったという。流石に宗藩(親藩)とはいえ堂々と前を通るのを遠慮したと思われる。県道44から往来はトレース困難となる。

 小杉~願海寺
 おおむね北陸本線沿いを走ればおk。場所はここ

 願海寺からトレース可
 車の通行が不可能な踏切を渡って願海寺in。ここからトレース可。

 明治天皇○×碑
 少し進む佐伯家がある。明治7年、明治天皇巡幸のさいに休まれた所。当時のまま保存されている。

 願海寺の七曲がり
 願海寺城跡近くを通り瑞詮寺横を通って集落を抜けると願海寺の七曲がりがある。ちとトレース不可。航空写真を見るとよく分かる。

 追分茶屋
 白雲会あすなろセンターから再トレースして、追分茶屋の丁字路に出て、高岡開町前の旧北陸道(高岡開町後は「大道」と呼ばれる。)に合流。画像は丁字路チョイ手前にある道標。案内板もあるので必見でする。

 左は新道 直進は旧道
 左折は明治天皇のために切り掘りされた新道で茶屋峠。直進は旧道。峠から先は車の通行は不可。場所はここ

 明神峠
 明神峠。名の由来は、明神山の峠だからだろう。この先は大雪のためか竹が折れて通せんぼ。通れても、呉羽スカイライン先の公園が新たに造園中なのでどっちにしろ通行不可。通れたらなら、道なりに進んで高山線を渡り(フェンス越えての踏切無し、自動車学校手前の交差点を左折してr44を渡って五福。

 旧舟橋と常夜灯
 五福、愛宕町を過ぎて旧神通川である松川と舟橋にあった常夜灯。画像は旧神通川の左岸側。ここ

 アイトラムじゃなくセントラム
 越前交差点。環状線を走るセントラム。目の前を走っているんで、反射的に撮ってしまう。^^

 富山市西町
 西町交差点。富山の高札場跡である。

 ここで終了。
 富山高岡往来は、このように曲がりくねっていた。替わりにバイパスが造られた。これが今のr44で旧国道8号線である。大正時代は国道1?号線で二桁国道であった。
 それと富山高岡往来は踏切が、氷見線x1、北陸本線x5、高山線x1と踏切が多かった。新道は、氷見線、北陸本線、高山線の各一本ずつ。現在は跨線橋が架かり踏切は無い。

 遅めの昼飯@ゴーゴーカレーの海老フライ
 帰路、呉羽で遅めの昼食。久々のゴーゴーカレー。 ○ャンピオンより好きカモ。^^
スポンサーサイト
23:59 : サイクリング:  トラックバック(-)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。